過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込プログラム 評判

債務整理や借金問題を解決するには、「事務所探し」が重要です。

 

もし、あなたが借金問題で困っている場合、まず一番に行う事は何か?といえば、「相談先を決める事」です。おそらくインターネットを使って、色々と情報収集を行わなければならない時点で、相当困っているはずですし、情報を集めておられるのではないでしょうか?

 

 

そんな中、おそらく気になるサイトを見つけられたのが「街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込プログラム」の存在ではないかと思うのですが、結論としては、「このサイトであなたの悩みを解決してくれるピッタリの弁護士や司法書士などの事務所や相談機関などを全国の中から匿名で相談しながら探せるのが人気」というものです。

 

 

よって、これから代理人を探そうとか、誰に頼んだら良いか、もしくはより良い条件で費用を抑えて、もしくは信用できる人を代理人としたい場合に、比較するためにおすすめなのが街角法律相談所です。

 

実際、匿名での相談を行ってみましたが、時間にして5分かからず!匿名も可能で電話番号や住所入力も不要なので、もし気に入らなければ受任しなければ良いだけですし、営業連絡などが入る事もないので、煩わしい事もないかと思います。

 

 

あなたも街角法律相談所内の事例にあるとおり、実際の解決事例の通り、借金問題を本気で解決してみませんか?そしてその第一歩に街角法律相談所を選択し、無料の相談シミュレーションを使ってあなたにピッタリの相談相手を探して頂ければと思います。

 

もちろん、初期費用、着手金も不要ですので安心して使用して下さいね。

 

 

※全国の相談所や専門家を比較、無料、匿名の借金相談シミュレーター

 

↓ ↓
街角法律相談所無料シュミレーター

 

街角法律相談所 非弁

続いて、上記の通り大変便利な比較サイトといえる「街角法律相談所」ですが、非弁行為の疑いがかけられているようですが、結論としては「問題なし」です。

 

これは、非弁行為を理解するのも大事ですが、そもそも運営会社の株式会社HIROKENさん自体が、非弁行為を行う事ではなく、あくまで広告業として媒介となっているだけですので、広告手数料を得ているので、報酬から収入を得る目的ではないので、問題ないという判断かと思います。

 

 

これらは、アフィリエイト広告事業でも同じ事が言えます。あくまで広告事業を行っており、事務所の紹介を媒介しているだけで広告手数料を得ていますので、弁護士や司法書士の報酬に影響されるものではありません。

 

 

<参考>非弁行為とは

弁護士法違反の一種で、報酬を得る目的で弁護士のみが認められる行為を弁護士以外の者が行う事で、弁護士事務所の事務員もこれらに含まれますので、注意が必要です。

 

ただし、法務省に認められた司法書士(認定司法書士)については、一定の範囲内において代理権を有していると言われていますので、例外となります。

 

 

弁護士のみに認められる行為には、事件に関しての鑑定、代理行為、仲裁や和解などの事務手続き、これらの斡旋業務などがあり、弁護士の資格がない者が弁護士へ報酬を得る目的で紹介、斡旋して債務整理を行う事は、非弁行為となりますので、注意しましょう。

 

実際、消費者金融の社員と弁護士が裏で結託していて、顧客リストを流したり、弁護士へ斡旋して債務整理を行ったというような例があり、問題になりましたが、そのような悪徳な法律家や消費者金融には注意が必要という事と同時に、あなたの事をきちんと考えてくれる代理人を探す事を忘れないようにしたいものですね。

 

以上、街角法律相談所に関する情報のまとめでした。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!