過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

債務整理 着手金

債務整理の前に着手金を以前まで取るのが当たり前の時代もありましたが、今では多くの事務所が着手金や初期費用を取らないように変わってきています。

 

 

当たり前の判断ですが、債務整理をする時点で、借金に困窮していて、支払いにも困窮する人を相手に、着手金がなければ債務整理はできないという道理はおかしいですよね。

 

そういった理由で、今では着手金や初期費用をかけずに、債務整理後に成功報酬制となっている事が多いです。

 

 

成功報酬制は、定額制や定率制と違いがありますが、それぞれの事務所で方針が違うようです。

 

あとは、弁護士や司法書士でも価格設定などは違う可能性がありますが、訴額が140万円以上については、弁護士でなければ代理人になれませんので、その点は注意して代理人選定をされるように気をつけましょう。

 

 

弁護士や司法書士については、任意整理弁護士費用任意整理 司法書士費用でまとめていますので、参考にどうぞ。

債務整理の受任通知

債務整理を行う際に、代理人との委任契約が取り交わされるのですが、契約が完了すると、代理人になった旨の通知を各債権者に発送します。

 

これが、「受任通知」と呼ばれるものです。

 

 

この受任通知を受け取ると、ある大きな効果が発揮されます。

それは、債務者を保護するのに最大のメリットと言っても、過言ではないのですが、「すべての督促行為がストップします」。

 

 

大体、借金で困っている債務者が一番精神的にもストレスをかけられるのが、債権者からの督促行為です。

 

電話、手紙、FAX(禁止されていますが、念のため)、メール、訪問といった方法、すべて禁止されていますので、効果は絶大ですよね。

 

 

受任通知には、取引開示に応じる旨の内容が書かれており、取引履歴を代理人宛に郵送もしくはFAXで届けるようにとなっています。

 

この取引履歴が届けば、債務整理の準備がスタートします。

 

 

あとは、代理人に任せておけば、手続きはどんどん進んでいきますので、安心して任せましょう。

 

 

以上、債務整理と受任通知、着手金についてのまとめでした。

 

 

債務整理や過払い金請求については、トップページで法律(法務)事務所選びを行いましょう。
※最近多いのが、過払い金 詐欺です。事務所選びは十分に注意しましょう。

 

債務整理の受任通知 トップへ戻る

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!