過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

過払い金請求 期限は

過払い金請求ですが、いつでも、いつまでも請求できるものではありません。

 

実は、過払い金請求ができるのには期限があると言われていて、その期限が「10年」となっています!

 

最終取引日から、10年以内に過払い金請求をしない場合は、相手側は消滅時効の援用を主張してきますので、要注意です。

 

 

また、途中で契約が途切れていたり、契約を新たに締結している場合は、「契約の分断」を主張されるケースもあり、その場合は、時効が成立していると、分断前の借入に対する過払い金請求が出来ない事もあります。

 

 

どの時点から最終取引日となるか重要なポイントです

そのため、最終取引日がいつになるかをきちんと明確にしなければ、せっかく請求できる過払い金も撮り損ねてしまったり、請求期限が過ぎてしまうという事もあります。

 

よって、個人的には時効が絡む、ややこしいケースに関しては、過払い金請求は個人で行わずに、専門家に任せるのが良いかと思います。

 

 

当サイトでは、トップページでオススメの弁護士や司法書士事務所を紹介していますので、合わせて参考にして頂ければと思います。

過払い金請求 期限の利益喪失

次に、過払い金請求や債務整理で話題となる「期限の利益」について、実際の体験談を交えて紹介したいと思います。

 

延滞によって発生する期限の利益の喪失とは?

借入れをしたときには約定どおりに払うつもりがあっても、怪我や病気などで仕事ができなかったり、冠婚葬祭や大型家電、車の買い替え、引越しなどで予想以外の高額支出があり、返済ができなくなるということは意外と多いものです。

 

返済ができなくなると、当然借金は延滞という扱いになりますが、最初は親切な金融業者も何度も延滞が続くとだんだん怖い声になってきます。支払えないのが悪いのは分かっていますが、払いたくても払えない…そんなことを繰り返しているうちに、業者から連絡が来るようになりました。

 

 

大まかな内容は、支払いが滞ったので期限の利益を喪失しましたというものです。何のことか分からなかったので、とりあえず無料法律相談に行って聞いてみたところ、キャッシングは借りた金額を一括で返すのではなく、毎月返すことができるという権利が債務者に与えられているということでした。

 

確かに、貸した側からすると一括で返してもらえるに超したことはありませんが、返済する側からすれば払えないから借り入れをしていますね。

 

 

延滞すると、この分割払いができるメリットがなくなり、残り全額を返すように請求されるそうです。話を聞いて背筋が寒くなりましたが、弁護士が言うには実務的にはお金のない人に一括請求をしても回収が難しいため、業者と話し合いをして分割の返済案で和解しなおすことが多いとのことです。

 

 

とはいえ、自分で業者と話し合いをするのは怖いし上手く言いくるめられる可能性もありますので、一度正式に弁護士屋司法書士のところに相談に行って、できれば手続きをお願いしようと考えています。

 

皆さんも延滞には気をつけましょう。

 

 

過払い金請求に期限の利益喪失は関係ある?

このように、通常の延滞や債務整理では、延滞金がついて不利に働く期限の利益なのですが、逆に過払い金請求に関してはメリットがあり、期限の利益を喪失していないにも関わらず、高金利を取っていると認定し、遅延損害金を請求する事も可能です。

 

この件については、詳しくは弁護士や司法書士へ確認するのがオススメですので、過払い金請求ができるかどうかの確認と一緒に無料相談で確認するようにしましょう。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!