過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

オリコ 延滞 ハガキ

オリエンタルコーポレーション(オリコ)にかぎらず、消費者金融やクレジットカードの返済に遅れてしまうと、「取り立て(=督促)」が始まります。

 

この時、取り立ての手段については、

  • 電話
  • 通知(手紙)
  • Eメール
  • 訪問

これらの方法がありますが、まず最初にいきなる訪問・・・というケースは考えにくいですし、ありえませんので、最初は「通知(手紙やメール)」、もしくは「電話」という方法が現実的だと思います。

 

 

また、通知の中でも、延滞時のハガキは圧着式になっているタイプもあれば、窓あき封筒で送付されてきますが、多くの消費者金融では自社名ではなく、個人名で送付してくる事も多いですが、オリコの場合も一緒のようです。

 

 

もし、ハガキを送られて困る、内緒でお金を借りている場合、誰にも秘密にしておきたい場合は、延滞しない、遅れない事がベストなのですが、万が一という事もありますので・・・

 

当サイトでオススメする方法は、「通知送付前に、電話もしくはメールで先に連絡をお願いしておく」のが良いかなと思います。

 

 

人間誰しも忘れる事はありますし、何かあった時に連絡が来る事で、無駄な延滞金が発生したり、損をする事が無いようにしておくためにも、一度考えて見るようにしましょう。

 

取り立てに関する情報

 

⇒ 取り立て 法律 時間も参考になる情報をまとめていますので、一緒に確認下さい。

オリコ 延滞 2ヶ月

ところで、電話や通知で延滞を解消できる場合は良いのですが、諸事情などで延滞状態を解消できない・・・そんなケースももしかするとあるかも知れません。

 

例えば、

  • 無職になったので収入が無い。
  • 借り入れが増えて返済原資を用意できない。
  • その他の事情がある。(例えば名義貸しだったのに、実使用者が返済しなくなったなど)

などなど考えられますが、諸事情を考慮しても、1ヶ月、2ヶ月と放置しておく事は、さすがにいただけないですし、信用情報に異動情報(ブラックリスト入り)してしまったり、法的な措置を取られれる可能性もあります。

 

 

そのため、できるだけ早く延滞状態を解消する事は、あなた自身の信用悪化を防ぐだけに限らず、業者からの執拗な取り立てを受けないためにも必要な事だと言えます。

 

 

しかし、実際のところですが、延滞解消の目処が立たないから、今の状況となっている事も多いと思いますので、そんな時は「別の方法」を考えた方が得策です。

 

中でも、一番オススメな方法ですが、「弁護士や司法書士といった、借金問題解決のプロへ相談し、解決処理を任せる」という方法です。

 

 

通常、弁護士や司法書士へ相談し、契約に至ると(この契約の事を「受任」と呼びます)、受任した旨の通知(=受任通知)が業者へ送付されます。

 

この受任通知は、法律の定めによって、延滞中の取り立てをストップさせる事ができる効力を持っていますので、執拗な取り立てなどを一旦ストップさせる事が出来ます。

 

 

これだけでも、心身共に負担を軽減できますし、その後の解決手段によっては、借金額が減額されたり、返済しなくて良くなったり、場合によっては、「過払い金」が発生して、逆に業者からお金を取り戻す事もできる可能性があります。

 

これらを考えても、法律の専門家に相談し、しかるべき相談を行う事は、とても有意義な手段と言えます。

 

 

オリコの延滞体験者の相談から、取るべき方法を考察

ここで、インターネットのQ&Aサイトとして人気の高い、OKWaveさんから実例を紹介したいと思います。

 

また、この実例に基づき、サイト管理人なりの意見も一緒に添えさせて頂ければと思いますので、参考になればと思います。

 

 

リストラや出費がかさみ現在オリコのローンを2ヶ月延滞しております。(昨日で2ヶ月、総額6万程)
先月再就職をしその職場の給料も入るのは来月末でどうしても今月も支払いができそうにありません。他の支払いもぎりぎりです。

 

現在保証人になっている方のところへも電話が行ったようで自殺が頭をよぎるほど不安で仕方がありません。

 

知り合いもあたりましたが不況の煽りか当然貸していただくことができませんでした。

 

 

来月には1か月分は支払えそうですが、1か月分を支払ってもその時点で来月にも2ヶ月延滞の状況は変わりません。

 

電話でお伝えしてもわかっていただけるでしょうか?

 

またどのようにお話すればわかっていただけるでしょうか?

 

夜も眠れず心もぎりぎりのところまできています。

 

http://okwave.jp/qa/q6832184.htmlより引用

 

 

この方の現状からして、2ヶ月の延滞という事ですので、3ヶ月目を迎える事で考えられるデメリットとして、「法的措置を取られる可能性がある」という事です。

 

 

法的措置とは、支払い督促、裁判所への出廷、給料の差押えなどを含めた、強制執行も考えられるものです。

 

また、法的措置と合わせて可能性がある事としては、信用情報への異動情報(=ブラックリスト入り)の報告ですが、これには長期延滞、カード強制解約などの不利益な情報を登録される事となります。

 

 

これらを考えても、放置しておく事は望ましくないですし、2ヶ月経過した今でも電話などによる相談もしていないという事は、とても良くない状況だと言えますので、早期に連絡を取り、事情を説明するところから始めるべきかと思います。

 

 

そして、可能であれば「分割返済」の相談、分割の場合も「返済額を希望額に近づける相談」を試みてはいかがでしょうか?

 

オリコは、大きな会社ですし、連絡をせずに一人で悩むよりは、相手にきちんと意思を伝えて、最適な返済相談をする方が、有益な話ができると個人的には感じます。

 

是非、前向きに相談して頂き、早期問題の解決の糸口を掴んで頂ければと思います。


 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!