過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

モビット 返済 延滞

消費者金融には、毎月に1回、返済期日というのが設けられていますが、消費者金融のモビットについても例外なく、返済期日が設定されています。

 

もし、借金の返済が期日通りに行われなかった場合ですが、延滞扱いとなりますが、その場合に考えられるペナルティ(不都合)などについて、ポイントと体験談をまとめて紹介したいと思います。

 

モビットでの借金の返済が延滞したことがあります。

 

家計が苦しいときは、消費者金融から借り入れるようにしています。

 

大手の会社だと安心だということもあって、いつもモビットからお金を借りていますが、知名度も高く、実績も豊富な会社ですので、借りる立場としても信頼できます。

 

 

もちろん、借りた分は返済予定日にきっちりと返していますが、1回だけ、どうしても資金の手当てができず、延滞してしまったことがあります。

 

しかも、事前に連絡しておけばよかったのですが、何も伝えずに返済日を過ぎてしまったので、翌日には、モビットから電話がありました。

 

 

女性のスタッフが、丁重な物言いでお話しされるのですが、私としては、申し訳ない思いで一杯でした。

 

モビット側にしてみれば、遅延損害金との考え方になるのですが、金額のこと以上に、モビット社としては、私のことを、「約束を守れない、信頼できない人」だと判断するのでは??と思うと、自分が嫌になりました。

 

私にしてみれば、今後も長くモビットとのお付き合いを続けていきたいと考えていましたので、信頼関係が損なわれることのほうが痛かったのです。

 

 

また、返済が遅れた事で、「ブラックリスト」に私の名前が載ることがないか、それも気がかりでしたので、単刀直入に質問してみたところ、長期の滞納でなければ心配ないとの事でしたので、一安心です。

 

 

それなら、遅延分をできるだけ早く返済したいと考え、奔走した結果、2週間だけの遅れで済みました。

ビットのことですから、ヤミ金がやっているような強硬な取り立てがないことは当然ですが、過去には、長きにわたって滞納している人に対しては、「勤務先に連絡して、給料の差し押さえにまで至った例もある」と聞きました。

 

借りたものは、返すのは当たり前の事だと、改めて自分自身に言い聞かせました。

 

 

ブラックリストには二通りあるのをご存知でしょうか?

体験談の中で、「ブラックリストに入るか心配」という声がありましたが、いわゆるブラックリストというものはないのですが、一般的に浸透している意味で、「ブラックリスト=将来的に不都合を被るもの」と考えた場合ですが、2つの意味があります。

 

 

まず、1つ目の意味ですが、「信用情報」における異動情報=ブラックリストと呼ぶケースです。

 

この場合のブラックリストというものは、「長期延滞情報」、「延滞解消」、「債務整理(自己破産、特定調停、民事再生)」、「カード強制解約」などの不都合な情報の事です。

 

異動情報については、各情報によって登録期間が異なりますので、もし過去に金融業者で債務整理や延滞などがあったケースでは、信用情報機関へ問い合わせ(=開示請求)を行い、最新の登録情報を確認しておく方が、安心でしょう。

 

 

次に、2つ目の意味ですが、「借入先(=金融業者)」についてのブラックリストです。

 

これは、過去に融資を受けていた金融業者に、債務整理や途中で放置したなどで、約定の履行をしなかったケースで、その金融業者のみで保有するリスト(個人情報)と言えます。

 

当たり前の事ですが、過去に不履行した人に再融資するかどうかの判断ですが、約束を守らないリスクの高い人であると判断すれば、通常はお金を貸す事は考えにくいでしょう。

 

 

上記の通り、今後の事を考えて、キャッシングやクレジットカード、住宅ローンなどのローン審査など、金融商品の審査において、不都合になる可能性のある情報=これをブラックリストと呼ぶ。という事を認識頂ければ良いかと思います。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!