過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

多重債務の相談

多重債務整理

多重債務の相談ってどうすれば良いのかわからない・・・
と一人で悩んでいる方に、ぜひ当サイトの情報を読んで頂きたいと思います。

 

 

まず、多重債務となり、自転車操業のように利息のみを支払いし、元金の返済が全然進まない状況の場合・・・
これは、もはや生活破綻の手前と言っても過言ではありません!!

 

 

「利息だけ返していれば、いつか完済できる・・・」といった安易な考えを持つのではなく、まずはきちんと借金がなくなるにはどうすれば良いか??
について考える必要があるかと思います。

 

 

そこで、多重債務で悩んいでいる場合は、

 

まずは「相談できる先」を見つける事です。

 

そして、次の章でお話しますが、「債務整理」で借金返済をどうすれば進める事ができるのか、きちんと見つめ直す事です。

 

この2つの目的が果たすことができれば、きっとあなたの多重債務問題を解決する第一歩になるに違いありません。


多重債務整理

続いて、先ほど紹介した「債務整理」についてですが、一般的な手法としては、以下のとおりです。

 

過払い金請求

グレーゾーン金利で契約している場合、過払い金の返還請求を行う事ができます。
※時効が10年、計算が面倒だったり難しいことも多いです。

 

借金(元金)はなくなり、さらに払い過ぎた利息が戻ってくる事になります。

 

任意整理

借金を元金のみの分割もしくは一括返済でできるように、債権者と和解を行う方法。
※グレーゾーン金利にある場合は、元金が減額される事もあります。

 

期限の利益を喪失しない限り、元利合計が増える事はないので、返済目処が立ちます。

 

 

自己破産、民事再生

破産法や民事再生法に基づき、所定の手続きを行う事で、借金をなくしたり整理する方法。
※破産すると、数年間はローンやカードを作る事ができないなど、生活の上でも若干の制限がかかります。

 

借金返済の目処が立たなければ、この方法で借金棒引きです。

 

上記の他に、特定調停もありますが、ここでは割愛します。

 

 

このような債務整理の手法がありますが、できれば法律の専門家である弁護士や司法書士に任せる方が良いかと思います。

 

理由は、「受任されて債権者に受任通知を送ると、督促行為がストップするから」です。

 

多重債務の悩みの1つには、「督促を受けて、精神的にもストレスがかかる」という事もあるでしょう。この悩みから開放されるだけでも、生活再建に向けて進みだしていると言えます。

 

もし、お金がなくて専門家に頼むことはできない・・・と悩んでいるようでしたら、その時は「メールや電話による無料相談」をしてくれる専門家を探しましょう。

 

きっとあなたの力になってくれるはずですし、良い智慧を授けてくれるはずです。

多重債務問題改善プログラム

最後に改正貸金業法が施行された平成19年に金融庁を中心にまとめられた「多重債務問題改善プログラム」について、要点をまとめました。

 

  • 丁寧に事情を聞いてアドバイスを行う相談窓口の整備・強化
  • 借りられなくなった人に対する顔の見えるセーフティネット貸付けの提供
  • 多重債務者発生予防のための金融経済教育の強化
  • ヤミ金の撲滅に向けた取締りの強化

 

上記の4つのポイントを、国や自治体、関係団体が積極的に取り組むことになっています。

 

また、各施策の実施状況を定期的にフォローアップし、監督するのが、金融庁の役目と言えそうです。

 

 

具体的な一例で申し上げると、生活保護、家庭内暴力、公営住宅料金徴収等の担当部署で多重債務者を発見した場合に、相談窓口に直接連絡して誘導するようにアドバイスをお子なったり、市町村に入った相談を弁護士や司法書士といった債務整理の専門家へと橋渡しする事が強化されています。

 

 

このように、国をあげて多重債務問題に対して解決を図るよう努力していますので、もしあなたが誰にも相談できず、困っている状態であれば・・・

 

まずは、「メール、電話の無料相談から始める事」をオススメしたいと思います。

 

その際の相談先を探すには、トップページの情報が参考になるかと思います。

 

 

あなたのお力に少しでもなれれば幸いです。

 

多重債務整理 トップへ戻る

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!