過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

取り立て 法律 時間

サラ金や銀行の個人融資を受けて、返済ができない場合ですが、督促(取り立て)される事が予想されます。

 

また、通常の取り立て行為であれば問題ないのですが、業者によっては、法律で認められた範疇を超えての取り立て行為をしていたり、中には法律を無視した対応をする業者もあるのも否めません。

 

 

中には、「借りてしまった自分が悪い」だとか、「返せない自分が悪い」という自己嫌悪になる方もいらっしゃるようですが、そうやって一人で悩むよりは、きちんと正しい知識を得て、違法な業者があったり、行き過ぎた業者があれば、然るべき対応を取るべきです。

 

もし、「一人ではどうして良いか判らない」という状態であれば、まずはどうすれば良いか??ですが、一番は「専門家に相談し、対処してもらう事」だと思います。

 

 

当サイトでは、トップページで借金相談ができる弁護士や司法書士の探し方のコツをまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

 

中には、借金返済が終了している、いわゆる「過払い金」が発生している可能性もありますので、そうなると返済義務もありませんので、早急に相談される事をオススメしたいと思います。

取り立て 法律 時間 体験談

ところで、督促(取り立て)行為についてですが、法律で定められた時間があるのをご存知でしょうか??

 

ここでは、実際に取り立てされて大変だった体験をお持ちの債務者の方から、貴重なお話を聞くことができましたので、紹介したいと思います。

 

 

実は取り立てできる時間は、法律で決まっています。

借金をしていますが、収入が不安定なので時々支払いができなくなることがあります。

 

人づてに聞いた話では、いつまでの支払いをせずにいると厳しい取り立てをされることもあるということでしたので、不安に思って色々調べてみました。

 

借金の取り立てには、法律で色々な制限があり、実際にはテレビでやっているような、恐喝まがいの請求やしつこい電話、訪問などはほとんど見られないということです。

 

 

具体的に禁止されている内容としては、

  • 強引な請求をしたり、連帯保証人ではない家族や近所、職場の同僚などに請求すること。
  • 深夜や早朝など、ゆっくり休める時間に訪問や電話をすること。
  • 借入れのことを第三者に話すこと。
  • 他から借り入れをして払うように請求すること。

これらの行為などは禁止されています。

 

 

大手の業者の場合には、これらの対応をきちんと守って比較的紳士的に請求をするようになっているらしく、実際に私が支払いを遅らせてしまったときにも、丁寧な口調で電話がかかってきます。

 

もちろん、こちらも連絡が来ると、できるだけ早めに返済するようにしていますので、長期的な遅れや高額の滞納には発展していません。

 

 

一方、知人の中でブラック扱いになっており、あまり質の良くない業者から借り入れをしている人がいますが、こちらはテレビの取り立てに近い、いわゆる違法行為を受けている事が分かりました。

 

返済をしないのはもちろん良くありませんが、こういった強引な請求をされたときには、弁護士に相談をしたほうが良いそうです。

 

とはいえ、面倒ですし費用もかかりますので、借入れをしている人はきちんと計画通りに払うようにして、いかなる取り立ても受けないですむようにしましょう。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!