過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

過払い金請求 流れ

過払い金請求ですが、今日弁護士や司法書士へ相談し、手続きを開始したとしても、すぐに払い過ぎた利息が戻ってくるわけではありません。

 

 

簡単に流れを言いますと、

 

  1. まずは、請求するなりの根拠(証拠)を書面にする必要があります。
  2.  ↓

  3. 書面を元に、貸金業者を相手に請求をし、交渉をします。
  4.  ↓

  5. 交渉が不調に終わる時は、裁判所に白黒をつけてもらうために、裁判を起こします。
  6.  ↓

  7. 裁判所で話し合いを行い、それでも不調の場合は、結審し判決を待ちます。
  8.  ↓

  9. 請求が認められる(勝訴)と、貸金業者が控訴しなければ判決通りに支払が行われますが、控訴した場合は、再度上級審で争われます。
  10.  ↓

  11. 最終的に、弁護士や司法書士の口座へ振込され、その中から手数料などを差し引かれた分が、あなたの手元に戻ってきます。

 

大雑把な流れとしては、上記のような流れになりますが、上記のステップ内で何を行わければならないのか?について、下記の表でフロー表としてまとめてみましたので、参考にして下さい。

 

 

過払い金請求のフロー表
ステップ 必要手続き 手続きのポイント
ステップ1 請求するための証拠を用意

過払い金が存在する事を証明するために「引き直し計算」を行います。

 

計算はエクセルソフトなどが一般的で、契約の分断や遅延損害金などの複雑な計算がある取引もあり、一般人には難しい手続き工程です。

引き直し計算を行うために、取引履歴を各貸金業者から取り寄せる必要があります。
=「取引開示の手続き」と呼びます。

 

貸金業者は、債務者からの開示請求を正当な理由なく断る事はできません。

ステップ2 引き直し計算を元に請求書を作成

引き直し計算で過払い金の金額を確認したら、請求書として各債権者へ送付されます。

 

回答期限として、2週間程度を要するのが一般的です。

この時、自分で手続きをしない場合は、弁護士や司法書士が受任する事で、全ての手続きを行います。

 

 

ステップ3 債権者との交渉を開始

一定期間が経過後、債権者との交渉が開始されます。

 

債権者としては、過払い金を圧縮したいので、借金棒引きを基本とした和解案の提示から迫ってきます。

 

それでも和解しない場合に、各貸金業者の意向次第ですが、裁判を進めるケースもあれば、請求額の6割程度で和解案を出してくるケースもあります。

一度和解すると、二度と請求する事はできませんので、慎重な判断が必要です。

 

また、貸金業者によっては、様々な揺さぶりをかけてくる事もありますので、弁護士や司法書士が代理人であれば、特に問題ないですが、「揺さぶりに負けない代理人に任せておく」事は、大事なポイントです。

ステップ4 裁判提訴と結審と判決

話し合いが不調の場合は、基本は簡易裁判所へ提訴する事となります。
※ただし、140万円以上の訴額は地方裁判所です。

 

裁判では口頭弁論を数回経てからの結審となりますので、最短でも2、3ヶ月程度は必要です。

相手が出廷しない場合もありますが、こちらの主張は満額請求という事で進めていくのが一般的です。

 

途中、和解の申し出もありますが、内容に納得する場合は、裁判を中断して和解する事も可能です。

ステップ5 控訴された場合 債権者が判決を不服とし、控訴する場合は、上級審へと審議が移りますので、また3ヶ月近くの日数を要する事となります。

控訴された場合は、遅延損害金で裁判日数分の請求を行う事もできます。

 

このあたりも、代理人がいれば、すべて考えて手続きを進めてくれますので、安心です。

ステップ6 入金

裁判が終了し、判決もしくは和解通りの入金が行われる事になりますが、全ての手続きを完了してから、1、3ヶ月程度の時間を要します。

 

そのため、すべての手続を終えるのに6ヶ月~1年程度の時間がかかると計算できます。

入金は代理人の専用口座に振り込まれるのが一般的です。

 

そこから、受任費用や事務手数料などを除き、残りが手元に戻ってきます。

 

上記のような一連の流れとなりますが、最後に手元に戻ってくる際には振込先を指定する事が可能ですので、例えばあなたの隠し口座に入金をお願いしておく事も可能でしょうし、事務所によっては手渡しによる受け取りも可能です。

 

こうして、内緒で過払い金請求の手続きを完結させてしまう事もできますので、上手に手続きを進めるようにしてはいかがでしょうか??

 

そのためにも、請求手続きに長けている、知識も経験もある弁護士や司法書士へ依頼する事!!は、とても大事なポイントですので、あとで後悔する事の無いように、事務所を選ぶようにして下さいね。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!