過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

過払い金 請求 詐欺

過払い金請求を狙った詐欺行為があるという事で色々と調べてみたところ、CMでの詐欺、電話での詐欺、そして驚きなのが弁護士による詐欺という事で調べられています。

 

詐欺というと、お金や権利などを騙し取る事が多いのですが、今回は過払い金を狙った詐欺という事です。

 

ところで、詐欺について、より理解を深めるという事で、最新の詐欺手口を簡単に紹介しておきたいのですが、

  • クレジットカードの現金化

    最近はキャッシュバック方式でキャッシュバック(現金)と購入商品の両方を渡す手口も横行しているので要注意。

  • 高齢者狙いの電話勧誘

    未公開株式などの電話勧誘は以前から言われていますが、最近は新聞へ短歌や俳句を掲載しないか?といった相談もあるそう。

  • 還付金詐欺

    市役所職員を装い、還付金を戻すためと巧妙な話術で、振込する新手の振込詐欺。

  • 融資保証金詐欺

    携帯電話やDMなどで「低金利で融資する」といったたぐいの勧誘を行い、保証金や登録料の名目で振込させる詐欺行為。

 

上記は金融に関連した詐欺行為という事で、一例を紹介していますが、最近ではネット関連でも「ワンクリック詐欺」なども横行していますので、要注意です。

過払い金 弁護士 詐欺

ここからは、過払い金に絞った実際にある詐欺行為についてのまとめですが、弁護士という地位があっても、金銭目的で業務を請け負う人もおり、人を欺く行為を働く人もいますので、きちんと代理人を見分ける目が大切になってきます。

 

弁護士の詐欺行為で実際に報告された事例として、

  • 無料相談しただけで、債務整理の手続をしていないにも関わらず、勝手に過払い金の請求をされ着服していた。
  • 実際に返還された金額よりも少なめに申告し、債務者に戻した金額が少なく、差額を弁護士が着服していた。
  • 消費者金融と繋がり、リストを提供されたり、債務者の紹介を受けて、過払い金の請求をしていたケース。

上記のような事例が行われていたという事です。

 

もちろん、すべての弁護士がというわけでなく、むしろ一部の弁護士のみで行われている行為ですし、多くの弁護士はきちんと業務を行ってくれますので、その点は安心して良いのですが、結局最後に代理人を決めるのはあなた次第という事になります。

 

そのため、きちんと弁護士を選んで、信用のおける弁護士へ相談する事で、思わぬトラブルに巻き込まれない一つのポイントかと思います。

過払い金 電話 詐欺

最後に、電話による詐欺行為ですが、「消費者金融と繋がり、リストを提供されたり、債務者の紹介を受けて、過払い金の請求をしていたケース」とよく似たケースなのですが、違法に仕入れた顧客リストを使って、電話で債務整理の勧誘をし、弁護士を紹介する旨を提案し、紹介料などを受け取るケースがあります。

 

このようなケースは、非弁行為に該当する可能性があり、弁護士法で禁止されている行為ですので、このような電話での勧誘があったケースは無視しましょう。

 

 

そもそも、弁護士と言っても、電話で勧誘してくるケースはありませんし、勧誘するためのリストを持っているという事自体が、すでに怪しいという事を知って下さい。

 

通常、消費者金融などの顧客リストが外部に流出する事はありませんし、それらを不正に取得している可能性が高いので、法律に触れる行為の可能性があります。

 

 

そのような団体(人物)から、電話での営業がある事自体、そもそもおかしい・・・

 

という事を、きちんと知っておけば、電話勧誘を受けても動揺する事もないですし、ダマされる事も無いかと思いますので、ここで啓発できればなと思います。

 

 

もし、過払い金請求を考えている場合は、トップページで過払い金請求に関する情報やオススメの事務所情報や探し方のポイントなどをまとめていますので、参考にして頂けると良いかと思います。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!