過払い請求全国ナンバー1 無料相談は0120-09-2877で

 

借金返済 コツ

多重債務や借金返済に困っている場合、通常の返済計画の見直しだけでは、借金問題を解決するには、時間がかかる可能性があります。そこで一つの方法として債務整理と呼ばれる方法がありますので、ここではそれぞれの方法を紹介します。

 

 

まず、債務整理には4種類あり、任意整理、自己破産、民事再生、特定調停の4つがあります。(任意整理には過払い金返還請求を含みます。)それぞれあなたの多重債務状態に有効な手段ですので、どの方法が良いかを選ぶ前にそれぞれのメリットとデメリットを簡単に知っておきましょう。

 

 

任意整理

債務者と任意で和解交渉を行う方法。任意のため成立しない事もあったり、裁判所の介入はなし。

 

メリット

和解が成立すると、金額が確定されますので、和解日以降に利息が発生する事が原則ありません。また返済年数も3年〜5年程度とある程度余裕を持って分割返済できるので、あなたの借金を減らせる可能性が高いです。

 

また、過払い金の計算を行う事を「引き直し計算」と呼びますが、引き直し計算の結果や交渉次第では元金を減らす事ができる(減額と呼んだりします)場合もあるので、借金が少なくなるのは負担が減るので嬉しい事ですね。

 

デメリット

債務整理全般に言えますが、信用情報の登録は事故情報(=異動情報)とよばれる内容となります。これはローンやカードの審査で借入情報を照会し、債務状況のチェックをする際に使用されますが、この情報にマイナス要素が加わりますので、審査に通りにくくなります。
※登録は各債務整理や債権ごとに状況が違いますが、一般的には5年を超えない範囲と言われています。
※過払い金の場合は、信用情報への登録は、正常登録となり事故情報は登録されません。

 

 

自己破産

免責決定を受けると、借金がチャラになります。

 

メリット

そのままですが、多額の借金の返済義務が免除されます。早期生活債権を立て直したい場合や、多額の借金で返済能力がない場合は、破産する事でメリットも大きいです。

 

デメリット

任意整理と同様に信用情報へ事故情報の登録がされます、また官報に破産した旨の記載が行われます。

 

自己破産は資産を生活最低保証分(20万円以下の現金など)を除いて、すべて処分する事になりますので、車や自宅などの資産を持っている場合は、手放す事となります。

 

 

民事再生

債権者と再生計画の同意を行い、大幅な債権カットを迫った上で、資産を保有しながら返済を継続する手続き。

 

メリット

資産を保有したまま、借金返済ができるため、自己破産したくない方や自宅や車を保有しながら借金返済を進めたい方にはオススメです。

 

デメリット

他の債務整理と同様に、信用情報へ事故情報の登録がされます。また債権者全員の同意がなければ、再生計画は認可されませんし、民事再生を行うには要件がありますので、その要件を満たさなければ手続きを進める事ができないという事はあります。

 

 

上記の通り、それぞれの債務整理にはメリット、デメリットを含めて多くありますが、どの方法で進めていき多重債務状態を解決していくか?については、各債務状況によって違いますので、一概には言えません。

 

 

また、債務者の収支状況、将来の見通しなども加味した上で手続きを進めなければなりませんので、法律の知識、家計管理のコントロール、借金問題を解決した経験値がなければ難しいと言えます。

 

 

そこで、検討したいのが借金問題の解決を得意とする専門家に、手続きを依頼する事です。

 

借金問題はすぐには解決しませんが、専門家であれば時間も短縮できますので、大変有効な手段です。あなたの借金問題が解決され、借金の無い日々を取り戻せますように・・・

 

多重債務や借金返済が困難になっても、問題解決できますので、相談すべき人に相談するところから始めてみましょう。

 

▼▼ まずは無料相談から始めてみましょう! ▼▼

※電話やメール相談は、各事務所を比較するため、無料相談を複数事務所に行うのがオススメです!